徳川慶喜が受け継いだ
越の国の最上級こしひかり

日本の風土と自然の恵みによって育てられてきた日本のお米
江戸幕府第十五代将軍德川慶喜の時代から公爵德川慶喜家へ
そして現代へと代々続いたお米にかける思い、
またその想いを農家が受け継ぎ一粒一粒を大切に育ててきたお米。
時代を超えて「将軍米」が生まれました。

将軍米とは?

多くの人から愛されるようになった「こしひかり」。今では全国各地で 栽培されるようになりましたが、そのふるさとは、かつて「越の国」(こしのくに)と呼ばれた福井です。 その福井県産「こしひかり」を精米したのが「将軍米」です。 創業百年ののれんにこだわるお米専門店「名将」がお届けします。

德川慶喜家のお米への思いを受け継ぐ

お米づくりは大昔から続く日本の伝統文化です。特に德川幕府の時代、お米は食べ物としてだけでなく、経済を支える土台にもなりました。そのため大規模な新田開発が続き、お米づくりの技術や知恵が飛躍的に向上しました。 お米への思いと文化は、十五代代将軍の德川慶喜へ さらにその後、公爵となった德川慶喜家により今日まで受け継がれてきました。

德川慶喜のひ孫・德川慶朝が育てた最上級のお米

それを育て上げたのが、德川慶喜のひ孫で本家四代目当主の德川慶朝(よしとも)でした。お米が大好きな慶朝は自ら水田に入り、稲を植え、刈り取りなどもしました。 また慶朝を慕う兼業農家と語る仲間たちと、美味しいお米を育ててきました。 德川慶朝は2017年に旅立ちましたが、そのお米への思いと技術は「将軍米」の中に、たっぷりとつまっています。

おいしいお米を一粒一粒選んで

ごはんが大好きだった德川慶朝は、そのおいしさにこだわり抜きました。食卓のごはんになったときの甘み、粘り、硬さ、香り、粒の大きさなど、おいしさの要素についても研究。 食卓で最高においしいごはんとなることをめざし、お米の品種、田んぼの水や土壌、栽培技術など、さまざまな研究と挑戦を繰り返しました。そうして生まれたお米から、さらに一粒一粒にこだわり選びぬいたのが「将軍米」です。

江戸時代からの無農薬にこだわった特別栽培

江戸時代から続く無農薬にこだわった特別栽培で育てています。土づくりや除草対策など大変手間がかかりますが、安心・安全を最優先しています。 田んぼの中にミミズ・カマキリ・ドジョウ・ザリガニなどを目にすることもあります。私たちと同じ生命である自然との共存も大切にしています。

「こしひかり」が生まれ育った福井県から

「こしひかり」は昭和の時代に福井県で誕生しました。きれいな水と栽培に適した土、優れた技術と開発努力のたまものです。それは「越(こし)の国」福井の誇りと希望を託すものとして越の光「こしひかり」と名付けられました。 「こしひかり」は多くの人に愛されるお米として、今では全国各地で生産されるようになりました。でも将軍米は「こしひかり」を誕生させた歴史と技術にこだわり、福井の農家で生産された高品質なものだけを選んでいます。
将軍米
徳川慶喜家の物語 時を超え、将軍米誕生

名将のこだわりラインナップ

©1976,2013,2017 SANRIO CO.,LTD APPROVAL NO.S580502